BLOG

沖縄北部でテーマパーク計画が進行中!その真相は?

沖縄北部でのテーマパーク計画が進んでいる

新聞記事からのネタではありますが、沖縄北部の本部町で新たなテーマパーク建設計画が進行しています。
その沖縄の新しいテーマパークってどんな?
ということを調べてみました。

沖縄県の集客の「要」といっても過言ではない「美ら海水族館」
年間378万人が訪れる人気のスポットとなっていますよね~。

では、日本全体のテーマパーク、遊園地、動物園、水族館、ミュージアム からみて次に沖縄に必要な施設を考えてみました。
下のデータは2018年総合ユニコムが発表したレジャー施設入場者数のランキングです。

テーマパーク

1.東京ディズニーランド・東京ディズニーシー(千葉県):3010万人(100.3%)
2.ハウステンボス(長崎県):288万1000人(99.6%)
3.サンリオピューロランド(東京都):198万人(109.6%)
4.志摩スペイン村 パルケエスパーニャ(三重県):119万7000人(97.6%)
5.東京ドイツ村(千葉県):103万4272人(91.3%)

遊園地

1.鈴鹿サーキット(三重県):204万3714人(101.6%)
2.よみうりランド(東京都):183万7464人(95.3%)
3.ひらかたパーク(大阪府):120万757人(99.3%)
4.としまえん(東京都):93万3719人(97.7%)
5.ツインリンクもてぎ(栃木県):80万1545人(112.6%)

動物園

1.東京都恩賜上野動物園(東京都):450万412人(117.1%)
2.名古屋市東山動植物園(愛知県):260万684人(108.0%)
3.天王寺動物園(大阪府):173万6686人(103.8%)
4.旭川市旭山動物園(北海道):142万9618人(99.9%)
5.東武動物公園(埼玉県):127万11人(108.4%)

水族館

1.沖縄美ら海水族館(沖縄県):378万人(105.0%)
2.海遊館(大阪府):263万人(110.5%)
3.名古屋港水族館(愛知県):222万1822人(112.9%)
4.サンシャイン水族館(東京都):197万人(157.6%)
5.アクアパーク品川(東京都):174万4682人(100.5%)

ミュージアム

1.国立科学博物館(東京都):288万4518人(116.6%)
2.国立新美術館(東京都):282万8823人(99.2%)
3.東京国立博物館(東京都):256万9585人(134.7%)
4.金沢 21 世紀美術館(石川県):237万3048人(92.9%)
5.広島平和記念資料館(広島県):168万923人(96.6%)
※施設名(所在地):入場者数(前年度比)

この数字を見て思うことは、レジャー施設の中での総合ランキングを見ると

一位はディズニーランド、二位が上野動物園、そして第三位に美ら海水族館。

昨年二位だった「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」は2017年は1460万人。
2018年は入場者数の発表をしていないのでランキングには入っていません。

もし昨年と同じ人数だったとしても考えても

「美ら海水族館」は第四位

日本全体のレジャー施設で第四位というのは驚きですよね~。

では、このあと計画されている?かもしれない「沖縄ディズニーランド(ODL)」「ユナイテッドスタジオオキナワ(USO)」が沖縄に本当にできたらどうなるか楽しみですね~

沖縄北部でのテーマパーク計画とは

実際に計画が進行しているのは、沖縄北部でテーマパーク計画。
オリオンビールとリウボウ、ゆがふホールディングス、刀の4社が沖縄本島北部でテーマパーク事業を展開する準備を進めていることが新聞発表やテレビニュースで話題になった。
4社が軸となり早期に新会社を設立する方向で調整しているという。
開業は諸説あるが2020年代前半を目指しているらいしい。
具体的な計画は発表されていないが「ジェラシックパーク」のようなテーマパークで、沖縄の魅力を前面に打ち出したものを計画しているということ。

本島北部へのテーマパーク建設、カジノを含む統合型リゾートで Integrated Resort 、(略称: IRといわれる)を主軸に「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社「ユー・エス・ジェイ」が名護市のネオパークオキナワ、本部町の国営海洋博公園周辺へ進出する計画が進んでいたはずだが明確な理由がないまま断念した。
その結果、「USO(ユニバーサルスタジオオキナワ)」はその字のごとく「うそ」だった(笑)

昨年夏に発表された4社の計画はユー・エス・ジェイ元執行役員の森岡毅氏が設立したマーケティング会社「刀」の科学的手法による効率的な施設運営のノウハウを基にしているという。

嵐山テーマパーク

そしてその立地は嵐山ゴルフ場に決定!!(2019年1月22日発表)
嵐山テーマパーク

2018年のメディアリリースからは
オリオンビールの嘉手苅義男会長とリウボウHDの糸数剛一会長、ゆがふHDの前田裕子取締役、刀の森岡CEOは、県庁に富川盛武副知事を訪ね、北部振興や沖縄への国内外からの投資を呼び込む「変化の起点」になるとして支援を要請した。
パーク建設により観光客の滞在日数や消費単価増加などの効果が見込める事業ということで、
県に対し
(1)テーマパーク事業の実現に向けた支援
(2)テーマパークを含めた北部地区全体のインフラ整備
(3)沖縄自動車道の名護市内・本部町までの延伸、那覇市周辺から北部への鉄軌道早期着工

以上3点を求めた

富川盛武副知事は鉄軌道やインフラ整備に尽力する姿勢を示した上で「北部にテーマパークができれば沖縄全体の観光振興等々非常に大きな経済効果があると理解している」と期待感を示した。
県によると、計画が実現すれば沖縄振興特別措置法に基づき税制優遇措置が受けられる観光地形成促進地域制度の対象になるらしい。

2020年前半って、来年だけど・・・。
確実に進んでいくことは間違いないはず。

那覇から名護と言わず、高速鉄道含め、最南端から最北端を目指す計画を、政治的な利権抜きで一気にすすめてもらいたいですね~
例えば、今後行われる選挙活動では、わが村に鉄道の駅を作るとか公約を掲げることを禁止するとか(笑)

この後、沖縄に必要なことが見えましたか?
長期的展望で、リゾート投資を考えるのは十分ありだと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

関連記事はありません。

Tanslate

検索

Fudousan Plugin Ver.5.1.0